Category: 育毛

家族に薄毛は無く私自身も気にしてはいませんでしたが、年齢を重ねると額の生え際や分け目などの薄毛が気になり始めました。

植毛を考えるほどではないものの気になり始めると何か手を打とうと思い、女性向けの育毛剤を使ってみることにしました。

ドラッグストアでも手に入る手頃な育毛トニックで、洗髪後に気になる部分に使うというのもです。

始めのうちはとりあえず洗髪してタオルドライ後にトニックを振りかけていましたが、効き目というよりまず使い心地が特に良いとも感じませんでした。

そんな時に知り合いに聞いたのが、頭皮の状態を良くしないと効果が出にくいというものでした。

まずはしっかりと洗髪で頭皮の汚れを落とし、凝り固まっている頭皮を大きくマッサージすると良いそうです。

それからは意識してマッサージをしました。

頭皮全体を柔らかくするように揉み解し、それから指の腹で細かく刺激を与えるようにマッサージしていきます。

しばらく続けていると頭皮が柔らかくなったようでした、

この状態で育毛トニックをしみこませるようになじませていくのがコツなのです。

顔に化粧水をしみこませるのも同じように、ニューモ育毛剤も頭皮を柔らかくするのが良いようです。

このように少し手間をかけて育毛剤を使っていると頭皮も毛髪も状態が良くなり、心なしか生え際が目立たなくなってきました。

悩みを解決するにはものだけではなく手間もかける必要があると感じました。


私は20代前半の頃に薄毛に悩んでいたアラサー女性です。

「悩んでいた」と過去形なのは、現在は解決したから。

私はお金をかけずに自力で、薄毛を改善することに成功しました。



そもそも私が薄毛で悩むようになったのは、過度なダイエットが原因だと考えられます。

私は10代後半にかなりハードな食事制限を行っていました。

栄養バランスが偏った食生活に加え、食べられないことへのストレスで、私の髪はボロボロでした。

髪にはハリや艶もなく抜け毛もすごかったのです。

その頃から前髪やサイドの生え際、つむじを中心に薄毛が目立つように…。



20代になってから焦り出し、薄毛対策をすることに。

しかし当時は学生だったので、お金のかかる治療や育毛剤の使用は困難でした。



そこで、ネットの情報を参考にお金をかけない薄毛改善法を実践したのです。

それが以下の方法になります。



・1日1回5分程度の頭皮マッサージ

・シャンプーでの洗髪よりも、洗い流しを重点的に行う

・椿オイルで髪を保湿

・生活習慣の改善(栄養バランスを考えしっかり食べる、適度な運動、睡眠時間の確保など)



かなり時間がかかりましたが、2年目で髪質が改善し、3年目で薄毛が改善されました!

髪に余計な負担をかけないことも大切ですが、ストレスを溜めず正しい生活を送ることが薄毛改善へのポイントなのかもしれません。

35才くらいからですが、おでこが広くなってきました。生え際の髪の毛が何となくですが、弱々しくなりました。



当時は、あまり髪の毛の事を気にしたことがなく、ファーストフードもよく食べていましたし、カップラーメンを中心としたお昼ご飯を食べていました。



お風呂場の流しを掃除する頻度が高い気がしてから、髪の毛が抜け始めているのではないかと、気になり始めました。



まず初めに、ファーストフードの頻度を減らしました。体臭が大部落ち着いてきた気がしましたが、相変わらず、生え際の髪の毛が軟弱なまま変わっていない印象でした。



カップラーメンだったお昼ご飯を、玄米食に変えて、昆布やワカメを味噌汁に加えた食事を晩御飯に導入しました。なんとなくてすが生え際の髪の毛の密度が高まってきた様に感じてきました。



この食事をしてから3年がたった頃から、白髪の数が減ったのか、目立たなくなりました。生え際の髪の毛もまだまだ弱々しいですが、だいぶ下の方に生えるようになってきました。



ファーストフードとカップラーメンの食生活も玄米と海産物に置き換わってからは、髪の毛の太さが増してきたように感じます。朝のヘアーセットの時間が伸びて来ています。



悪かったのが、かつての食生活だったのか、良かったのが、今の食生活かは分かりませんが、長期的に見て、髪の毛に食生活が関与している事を感じています。

↑このページのトップヘ